アロエ物語

お問い合わせ
株式会社平田農園

アロエについて

アロエ専科

1.キダチアロエとは

キダチアロエ Aloe arborescens Mill  別名キダチロカイ(蘆薈)

ツルボラン科(ユリ科) アロエ属 南アフリカ原産 多肉植物
花言葉は、「永遠(とわ)の健康」「万能」「信頼」など。
9月11日生まれの人の誕生花。
アロエ属は大きな多肉植物群で、日本で広く普及しているのは「キダチアロエ」。昔から「医者いらず」の愛称で知られている。葉は剣状で多汁、灰緑色で、葉縁には三角形のトゲを密につける。株が大きくなると、10月ごろ蕾(つぼみ)をつける。朱赤色の筒状の花が紡錘状になって、下方の花から11月~2月ごろ開花。性質は強健で、暑さや乾燥に強く、比較的低温にも強いので、管理しやすい。
キダチアロエ

2.代表的なアロエ

アロエは数千年以上前から民間薬草として用いられてきた、ユリ科に属する多年生植物で、南アフリカが原産地です。紀元前4世紀頃、アレキサンダー大王が東アフリカのソコトラ島でアロエに目をつけ栽培を始めました。
アロエには約300の種類(細分化するとその種類は730種にも及ぶとも言われています。)があると言われていますが、中でも利用されているアロエはケープアロエ、キダチアロエ、アロエベラの3種類です。

ケープアロエは南アフリカのケープ地方で栽培されていて、日本では医薬品原料として使用されています。

キダチアロエはケープアロエやアロエベラに比べて比較的苦味が少なく味がよく、有効成分が多い上、寒さに強いため日本でも多く栽培されています。医薬品として認められてないため、食品や化粧品の原料として使用されています。
キダチアロエはまるごと全部使えるのが特長です。
アロエベラは寒さに弱く日本では主に沖縄で栽培されています。食品や化粧品に使うときは「アロイン」という苦みの成分を除いて、ゼリー状の葉肉部だけを使います。

3.アロエの灰汁(あく)について

滋養のある食べ物には灰汁(アク)があります。昔から、タケノコ、山ウド、タラの芽、ワラビ、ゼンマイなどは必ず灰汁を抜いています。体に悪いからです。これは、薬でいう副作用にあたります。

同様にアロエもアクがあります。例えば、火傷をしたとき生の葉を患部に直接つけると、火傷はきれいに治りますが、火傷のまわりの皮膚が赤くなって炎症をおこすことがあります。これは灰汁に含まれる成分のためです。
アクを充分に抜いたアロエジュースを患部につけても、そのような炎症はおきません。
従って、アロエの葉を生で食べたり、搾り汁を直接使ったりするのはやめた方が良いでしょう。
アロエの灰汁を抜くには、煮沸して「アロエエキス」にしたり、乾燥させたり、蜂蜜につけたり、アロエの葉を焼酎につけたりする方法があります。

4.アロエの歴史

(1)紀元前から利用されてきたアロエ
現在に伝えられているアロエに関する最も古い記録は、ピラミッドのミイラの膝の間に置かれていた古代エジプトの医学書『エーベルス・パピルス』にみられます。
この中には、アロエを使った数々の処方が記されています。この本が書かれたのは紀元前1550年ごろと言われていますので、今から約3500年前には、すでに利用されていて、庶民の間ではそれ以前から愛用されていたと推測できます。

その後アロエは、おそらくマケドニア大帝国によって、ヨーロッパに広まっていきました。
紀元前1世紀には、ローマ皇帝ネロの侍医ディオスコリディスが『ギリシャ本草』を著して、さまざまな病気に対するアロエの具体的な処方をあげ、アロエが万能薬であることが記されています。

また、アロエは『新約聖書』にも登場します。キリストを埋葬するとき、ヤブにんじんとアロエを混ぜたものを塗ったという記述(ヨハネ伝)があります。
よく伝えられる話として、紀元前4世紀ごろアレキサンダー大王が、自らの健康維持にはもちろん、将兵たちの健康を守るために、東アフリカのソコトラ島でアロエ栽培に打ち込んだと言われています。
(2)ヨーロッパからアジアへ
アロエの効用は、その後もヨーロッパで広く認められるようになり、12世紀にはドイツ薬局方に記載されるようになり、アロエの薬効が一国の法令によってはじめて公認されることになります。
その後、アロエはシルクロードを経て中国へ伝えられます。中国ではアロエのことを「蘆薈(ろえ)」といい、漢方医学の父と称される李時珍の著書『本草網目』にも登場します。
その本の中で蘆薈はきわめて有用な植物と認めた上で、「色黒く、木のヤニのようなもの」と記されているところをみると、当時から中国には、今で言うアロエ汁を固めたものが伝えられ、愛用されたのではないかと思われます。
(3)日本への伝来
日本にアロエが伝えられたのは、鎌倉時代とも室町時代ともいわれていますが、江戸時代にアロエのことを蘆薈と称していることをみますと、アロエが中国から伝えられたのは間違いないでしょう。
しかし、このアロエはおそらくケープアロエと思われます。つまり、日本に最初に伝えられたときは、アロエは植物としてではなく、薬品としてだったということです。

これは、貝原益軒の著した『大和本草』や、小野蘭山の『本草網目啓蒙』にみられる挿画が、いずれも想像上の草姿に描かれていることでもわかります。
また、同じ頃ポルトガルの宣教師もアロエを日本に持ってきました。これは、キダチアロエだったのではないかといわれています。その後、キリスト教の布教とともに全国に普及し、一部の地域に根をおろして繁殖したものと考えられます。
(4)民間医療の市民権を得るまで
明治時代になると、ドイツ医学の導入などもあって医療制度が整備され、明治19年日本薬局方が制定されました。アロエは蘆薈の名で当初から日本薬局方に登録されていました。
戦後は、世界の学者によってアロエの薬理作用が解明されてきました。
さらに、日本の気候風土に合った品種として独特の特性をもつキダチアロエは、アロエベラと並んで抜群の病理効果があると証明されるようになりました。
特に昭和44年、日本人医学者によってアロエにガンの抑制効果があることが発表されて以来、アロエの人気は一層高まります。
こうしてアロエは、俗に「医者いらず」と呼ばれ、現在に至るまで親しまれてきた訳です。
アロエジュース健康法」(KKロングセラーズ)平田千春著
「健康を守る万能の薬草アロエ」(新星出版社)肥田和夫著 より引用

5.アロエの雑写真集

キダチアロエ
キダチアロエ
アロエベラ
アロエベラ
ケープアロエ
ケープアロエ
不夜城
不夜城
シャボンアロエ
シャボンアロエ
ソコトアロエ
ソコトアロエ
アロエバイネシー
アロエバイネシー
アロエエスクレンタ
アロエエスクレンタ
タイガーアロエ
タイガーアロエ
アロエプラテンシス
アロエプラテンシス
化粧アロエ
化粧アロエ
鬼退治アロエ
鬼退治アロエ
スリムアロエ
スリムアロエ

6.薬湯・アロエ風呂

アロエを使った薬湯は、皮膚老廃物の排出を促進し、荒れた肌を整えるため、美容に高い効果をあげます。また、血行をよくし、体を芯から温め湯冷めしにくくなるため、新陳代謝を高め、健康維持に役立ちます。
色や香りがほとんどないのに、お湯がやわらかくなるため、入浴剤が嫌いな方にも喜んでいただけます。
アロエ入浴法
美容には39度から40度位の低めの湯温がよく、アロエの成分を充分に肌に浸透させるため、長めに湯船につかります。ただし、あまり長く入っていると脂肪が抜け過ぎたり、体力が消耗して疲れたりするので、健康な人でも30分くらいまでにしましょう。
体が温まって毛細血管が拡張されて毛穴が開き、新陳代謝が活発になり、老廃物が大量の汗と一緒に排出されますので、コップ一杯の水を飲んでから入浴すると、より効果的です。

家族ひとりひとり肌の敏感さが違うので、アロエの量はその入浴者に応じて調節して下さい。毎日続けるのが理想ですが、週に2、3日でも効果は期待できるでしょう。

7.アロエデトックス ~アロエで排毒~

はじめに
最近、何だか体調が優れない、風邪を引きやすい、疲労感が抜けない、吹き出物が治らない、サプリメントを飲んでも効果が得られない・・・もしかすると、これは体内に毒素が溜まっているからかも知れません。毒素を溜めたままにしておくと、その毒素が腸壁から血液の流れにのって全身に巡り、様々な体調トラブルの原因となります。また、食事の栄養素やサプリメントも効率よく吸収できず、きちんと細胞まで届かない体になってしまいます。そこで、毒素を排出して、体内をキレイに浄化させてあげること=デトックスが必要となるのです。
デトックス=排毒とは?
デトックスとはトックス(毒)を排出する、つまり"毒抜き"という意味です。体内をクリアな状態にし、健康的で痩せやすい(=自分が一番快適でベストと思えるような)体質に改善することを目的とします。
体に毒が溜まるってどういうこと?
本来、人間の体には代謝機能が備わっており、便や尿、汗などで不要物をきちんと排出して浄化できるようになっていますが、偏った食事やストレス等、何らかの原因で代謝リズムが狂うと、スムーズに行われなくなり、毒がどんどん蓄積されてしまいます。
主なトックス(毒)
  • 食事で摂取した栄養分の残りカスなどの老廃物
  • 食品添加物、薬品などの有害化学物質
  • ダイオキシン、界面活性剤などに代表される環境ホルモン
  • 水銀、鉛、ヒ素などの有害金属
トックス(毒)による悪影響
  1. 生活習慣病の原因。
  2. 肩こり・冷え症など慢性的な不調。
  3. 頭が重く気分が安定しない。
  4. 腸が汚れていて免疫力が低い。
  5. ダイエットの成果が上がらない。
  6. 肌の再生力が低い、肌の老化。
  7. 病気になりやすい身体。
  8. アレルギー体質。
  9. 摂取する栄養成分の吸収が悪い。
毒素を出さないとどうなるの?
ストレスや偏った食事、運動不足や不規則な生活で新陳代謝が落ちると、体の代謝機能が上手く働かなくなり、毒素を排出できなくなってしまいます。毒素を溜め込むと、太りやすい体質になってしまったり、体調不良などに悩まされることも多くなります。体内に不要物が溜まったままでは、美顔やダイエットを試みても、高い成果は得られないでしょう。

・・・そこでデトックスが必要になります!
デトックス作用のある食品
デトックスの期待できる代表的食材を挙げてみます。

・有害物質の体外への排出を促す作用
→ キダチアロエ、寒天、こんにゃく、りんご(ペクチン)、明日葉、スピルリナ、ガジュツ、ゴーヤ

・体内の有害物質を包み込んで吸収させなくなる作用(キレート作用)
→ クエン酸、ネギ、ニンニク、タマネギ(ケルセチン)、コリアンダー

・有害物質の無害化を助ける作用のあるもの
→ 亜鉛、セレン

・利尿作用のあるもの
→ クミスクチン、メリロート、マテ
アロエデトックス(排毒)の重要性
毎日の食事、水、空気など私たちの体には、さまざまな毒素が入ってきます。この毒素を長時間体内に溜め込んでいると、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が増えてしまいます。すると、老廃物の腐敗が進み、さらに有害な毒素や活性酸素を発生させてしまします。この毒素や活性酸素が腸壁から吸収され、血液の流れで全身に運ばれると、代謝や免疫という体の重要な働きにも悪影響が及び、肌トラブルや健康状態の悪化につながります。
有害毒素は体が正常に機能していれば、便から75%、尿が20%、残り5%が汗や毛髪、爪などから排出されます。この数値から見て、いかに便通を良くすることが大切かがおわかり頂けるでしょう。
便秘を解消して、便秘にならないライフスタイルを確立することが、体内浄化・体内環境の正常化に結びつくわけです。
注目のアロエデトックス
腸で発生する毒素を増やさない、早く排出するとともに、体に入ってしまった有害物質を追い出す効果のある食品を摂ることが大事です。
アロエには腸内の善玉菌が活躍しやすい状態になり、腸の筋肉の収縮運動を活発にし、自然な緩下作用で快便へと働きかけます。アロエの力で毒素や老廃物を排出すれば、腸内の善玉菌が増え、免疫力も高まり、新陳代謝がアップします。また、エネルギー代謝も良くなるので、ダイエット効果を高めることも期待されます。
アロエデトックスで期待されること
  • 健康的なダイエット
  • 免疫力アップして、病気にかかりにくい丈夫な体に。
  • 新陳代謝を促進、肌のターンオーバーが正常化され、美肌に。
  • 慢性的な体調不良の改善。
  • アロエの成分であるアロエチンが、シミ・ソバカスの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ。
  • 代謝を活発化し、老化防止を期待。